何を見られているのか知っておこう!

アルバイトの面接に行くなら、必ずしもスーツである必要はないですが清楚な服を着ていくようにしましょう。
できればきちんと感を感じさせることが大切なので、男女共に襟がついたシャツが好ましいと思います。
もちろんシワやシミがあるのはNGで、Gパンも常識外れです。
これも当たり前ですが、爪が伸びすぎていたり、長い髪の毛を束ねないのもNGなので注意しましょう。
アルバイトの面接は、就職試験とは違って履歴書をそこまで重視しません。
実際に会ってその人の印象を確かめるのです。
それが接客業なら、お客さんが見て不快になるような雰囲気を醸し出している人は不採用になるでしょう。
また、デスクワークだとしても、第一印象が悪ければ会社の雰囲気を壊しかねないので同じく不採用になるでしょう。
見た目が全てではありませんが、アルバイトの面接では見た目が全てと言っても過言ではないでしょう。
では何に気をつければ良いかというと、清潔感と常識のある態度です。
この2つさえ満たしていれば、ほとんどのアルバイトは合格すると思いますよ。
常識のある態度というのは、相手の目を見て返事をしたり、ハキハキと相手に聞こえるように話したり、ちゃんと挨拶したりという事でしょう。
面接する人は、採用されれば上司に当たる人になることは間違いないので、最初から好印象を与えることも大切なテクニックです。
このように、面接に必要なのはやる気以外にも、第一印象で採用か不採用か決まると言う事を覚えておきましょう。